口コミから二重整形の評判をチェック【情報収集をしてみると良い】

元に戻ってしまう可能性

目元

メイクはしばらくできない

二重整形はとても人気があり多くの人が利用しています。簡単にできるということと費用が安いということが人気の理由です。しかし、この特徴に当てはまるのは埋没法と呼ばれる施術法に関してのことだと思われます。埋没法はまぶたを糸でとめて変化させる施術法で、短時間で金額的にも高くありません。世間一般に広まっている二重整形はこちらのタイプのほうが多いようです。埋没法は確かに簡単に行えますが、簡単に元のまぶたに戻ってしまう恐れがあるという特徴もあります。その証拠に体験者の口コミを見ていると、埋没法も切開法も両方とも経験したという人が多くいます。こういった方は、最初に埋没法を試して、その後元に戻ってしまったために、切開法を受けたというパターンがほとんどです。埋没法で行ったものの効果がなくなってしまった場合には、そのままにしていても体に悪影響はありません。ただし、まぶたはもう施術後の状態に戻ることはありません。もう一度、埋没法なり切開法を行わない限り、二重にすることはできません。埋没法はまぶたの状態が悪くなければ何度でも行えることもありますが、そのたびに費用がかかります。それに比べて切開法はメスで切れ目を入れるので、一度行えば一生涯にわたってその状態が続きます。目元の皮膚が年齢と共にたるんでくることで二重がはっきりと見えなくなることもありますが、それはどの施術法の場合も同様です。埋没法の場合には糸でまぶたを支えているだけなので、加齢と共に二重がわかりにくくなる傾向が強くなります。このような口コミを参考にすると、長持ちさせたい人は切開法が向いている場合もあることを覚えておきましょう。二重整形は施術自体は数十分程度で終わる簡単なものです。しかし、それでも施術後は目元の腫れや赤みがでるので、しばらくの間は注意が必要です。まず施術直後はメイクをすることができません。目元の皮膚に腫れや痛みがある場合には炎症が起きている可能性もあります。その状態の時に、メイクをしてしまうと色素沈着を起こしてしまう可能性があります。特に切開法の場合には抜糸をするまではメイクが出来ないので注意をしましょう。目元以外はメイクをしてもかまわないのですが、問題はクレンジングです。クレンジング剤が目元につかないようにしなくてはいけません。目元だけを避けてクレンジングすることも可能ですが、もしも患部にかかってしまうと危険です。できる限りメイク自体をしないように過ごすほうが安全でしょう。特に二重整形の中でも切開法の場合は口コミでも施術後の腫れと赤みが引くまでにかなり時間がかかったという人が大勢います。施術後の状態は個人差がありますが、仕事の休みを長めにとっておいたり、なるべく予定をいれないようにしておいたりしたほうが良さそうです。埋没法をした人の口コミでは腫れや赤みはほとんどなかったという人もいますが、アイメイクを再開する時期は医師に相談したという人がほとんどです。医師から指示がある場合もありますし、こちらから確認したという人もいます。埋没法の場合には抜糸などがないので、必要がなければ、施術後はクリニックに行かないままになることがあります。もしもメイクのことなど施術後に不安が出た場合には電話などで問い合わせをして確認しましょう。